ブライダルフェア

ブライダルフェアは疲れる?疲れないように気兼ねなく回るための方法は?

ブライダルフェアに参加すると、家に帰宅して疲れてしまうことが多いと言われています。

それもそのはず、ブライダルフェアは、多くの説明を聞いたり、見積もりをしたりと一日かかってしまうこともありますし、緊張する場だと感じる人もいますよね。

ブライダルフェアは疲れてしまうけれど、なるべく疲れないように、みんなどんな工夫をしているのだろう…と気になりませんか?

そんな時、ブライダルフェアに疲れないように参加する方法と、回るコツなんかをご紹介したいと思います。

ブライダルフェアの予約・無料相談をするなら「Hanayume」

Hanayume(ハナユメ) は結婚式のプロに無料で相談できる♪

Hanayume(ハナユメ)の無料相談サポートでは、店舗・オンライン・LINE・電話の4つのサポート方法で相談を受付中!

・コロナ禍で結婚式準備をどう進めたらいいかわからない…
・費用を抑えるにはどうしたらいいの?

そんなお悩みを、結婚式のプロに相談してみませんか?

オンラインでの相談は、当日予約もOKなので思い立ったらすぐに相談できます!

完全無料で気軽に相談できるので、是非チェックしてみてください♪

hanayumeで詳細をチェックする

ブライダルフェア疲れの原因って?

ブライダルフェアで疲れてしまう原因ってなんだと思いますか?

  • 時間がかかってしまう
  • とりあえずで参加しないから

1回のブライダルフェアに何時間ぐらいかかるかご存知でしょうか?

一般的な式場主催のブライダルフェアは平均4時間ぐらいだといわれています。

そして、アンケートに答えて、施設や設備を見学し、試食後に見積作成と驚くほど長丁場です。

そして、ブライダルフェアに参加する人は、とにかくみんな真剣ですよね。

結婚式のことは何も知らないから、とりあえず参加しよっかなという方もいますけれど、ウェディングドレスは憧れ。試着会にも行ってみたい!ということで、楽しみにしたり、準備をしたいからこそ、疲れてしまうんですよね。

hanayumeで時間の短いブライダルフェアをフェアをチェックする

ブライダルフェアは疲れる?疲れない方法とは

ブライダルフェアで疲れてしまうという人は回り方や、結婚式の準備方法を考える必要があります。

そこで、疲れないためのコツや皆さんが結婚準備で、どのように疲れないようにしているのか、ご紹介したいと思います。

オンラインのウェディング無料相談で相談をする


ウェディングサービスの「ハナユメ」ですが、ブライダルフェアは疲れてしまうという方に、予約サイトから予約した方には、相談デスクで、オンライン相談ができるサービスがあります。

  1. ハナユメのWEBサイト又は相談デスクでブライダルフェアなどの式場見学を予約する。
  2. 通常ブライダルフェア(式場見学)の最後には見積書をもらうので、その際に「ハナユメ割を見た」と申し出る。

このように、特典として、ハナユメ割が効くのはもちろんですが、ハナユメでは、全国12箇所に式場探しについて無料で相談できる「ハナユメウエディングデスク」があるほか、オンライン・LINE・電話での相談も受付中です。

ハナユメの相談カウンターはどう?ハナユメで相談した人の満足度と口コミは?ハナユメの相談カウンター(ハナユメウエディングデスク)をご存知ですか? ハナユメの相談カウンターでは、結婚式場を探しているカップル...

オンライン相談なら、ビデオチャットを利用し、自宅にいながら無料でプロのアドバイスが受けられます。

各エリアの結婚式場の特徴について詳しいだけでなく、元ウエディングプランナーも多数在籍しているので、費用の相場や結婚式の段取り、会場探しのコツなど、友人などには相談しにくいこともプロにからアドバイスがもらえます。

式場割引サイトのハナユメを利用すると、特別割引で結婚式費用がおトクになるだけでなく、31,000円分の商品券がもらえるデメリットなしのサービスです。

もしもブライダルフェアが疲れてしまうなら、無理して回る必要はありませんし、オンライン相談をメインにしてみてもいいと思います。

実際に、私も現地に見に行くことはそれほどしませんでしたし、オンライン相談があれば活用していたと思います。

hanayumeでウェディングデスクをチェックする

ブライダルフェアは一日一回にする

ブライダルフェアは、特典がお得だし、ハナユメだと商品券がもらえるので、ついたくさん回ったほうがお得だと思って、欲張ってしまいますよね。

ブライダルフェアに行きまくりはあり?行き過ぎて良い?参加回数は?ブライダルフェアに何度も行きまくっている…という人はいませんか? 行きまくるのはあまり良くないのでは?とかそういった情報はバレてし...

実際に行きまくる人や、試食目当ての人もたくさんいるみたいです。

でもそれだと疲れてしまいますし、多くの式場を見ているとどこがどこかわからなくなってしまいます。

一日一回だとか、どうしても気になるブライダルフェアに絞ってみて、あまり混乱しない程度に回るようにすると疲れないでしょう。

疲れない服装・靴で行く

ブライダルフェアというと、非常に格式張ったものだと考えて、スーツや、フォーマルな服装、靴で行く方もいます。

でも、最近ではデートで手軽に参加をする人も増えているので、疲れない服装、靴でも問題ありません!

会場を回ったり、試食をしたり、また場合によっては控室、その他見学をした後に、相談をすることも多いので、あまり疲れてしまうような服装だと、気が張ってしまいますよね。

着慣れない服、あまり格式張った靴や服装だと疲れてしまいます。

カジュアルすぎない、そして動きやすい服装でいいので気軽に参加してみてください。

時間の短いブライダルフェアに参加する

ブライダルフェアは、ホテルごとに検索をすることもできますが、時間が短いブライダルフェアを全国から検索をして、そして予約をすることをおすすめします。

平日の夕方や、また参加人数が少なそうな日程、そして多くのホテルの中でも、時間が短いブライダルフェアなら、疲れることはありません。

試食会、試着会など、見学だけなど、やりたいことを絞って申し込みをすると、満足度が高く、疲れないブライダルフェアになると思います。

つまり自分たちのこだわりを一覧にしておいて、メモで見ながら予約することが大切ですよね。

hanayumeでブライダルフェアをチェックする

まとめ

ブライダルフェアで疲れてしまうという人はいませんか。

確かに、ブライダルフェアは疲れてしまうこともあるかもしれませんが、本来は楽しく見て回り、デートや、結婚をいいものにしたいという気持ちで参加するものです。

ブライダルフェアが疲れてしまうなら、今はオンライン相談だけだとか、デスクで相談をするのみという形でも問題はありませんし、試着会はなしで、試食会のみ、という形でもフェアは開催されています!

予約サイトから、あなたが疲れない規模のブライダルフェアをまずは探して、一日に一回など、疲れないペースで気軽に参加してみてくださいね。

ブライダルフェアの予約・無料相談をするなら「Hanayume」

Hanayume(ハナユメ) は結婚式のプロに無料で相談できる♪

Hanayume(ハナユメ)の無料相談サポートでは、店舗・オンライン・LINE・電話の4つのサポート方法で相談を受付中!

・コロナ禍で結婚式準備をどう進めたらいいかわからない…
・費用を抑えるにはどうしたらいいの?

そんなお悩みを、結婚式のプロに相談してみませんか?

オンラインでの相談は、当日予約もOKなので思い立ったらすぐに相談できます!

完全無料で気軽に相談できるので、是非チェックしてみてください♪

hanayumeで詳細をチェックする